ライラックシステムは、不動産・建築・間取りを必要とするあらゆる業種に最適な、間取り作成ソフト不動産チラシ作成ソフトを開発販売いたしております。

マンションの柱と壁の色

柱部分の作図

マンションの柱部分を描くには、「作図」「四角形」を使用します。
メニューより、「作図」「四角形」で、下記のように「中を塗る」にチェックを入れて、黒をクリックします。


線吸着をONにします。線吸着をONにすることで、壁の端にマウスの先がつきます。

グリッド吸着もONのままにし、分割数を8分割くらいにします。

柱を描く部分を左クリックし、対角にマウスを移動して左クリックします。


このように四角形で柱が完成します。

壁の色

間取りっどには、下記のように壁の周りに線で囲んで、より表現を豊かにすることができます。


壁の色は作図後でも設定で変えられます。柱を作成していない間取りで、「ツール」「設定」「全般」の「壁の色」を白にしてみてください。

壁が白くなり、周りが線で囲まれます。


壁の色を変えてみます。「ツール」「設定」「全般」の「壁の色」を「壁色縁黒」にして、色をグレーにしてください。
壁に色が付き、周りが線で囲まれました。


これに柱を付けていきます。
黒の時と同じように、「作図」「四角形」で、下記のように「中を塗る」にチェックを入れて、 グレーを選びますが、「グラデーション」の有効のチェックをはずしておきます(グラデーション表示時に柱部分にグラデーションをかけないため)。(すでに黒の柱を設置している場合は、選択して右クリックから「選択物のプロパティ」で色が変えられます)


柱を配置していきます。壁との境に黒い線が残りますが、まずは気にせず四角形を配置します。



黒い線を消すには、上からグレーの線を描くのが最も簡単です。「作図」「直線」で「グレー」を選びます。


線吸着がONであれば、線の端にマウスの先がつくので、線を描けます。マウス位置固定で水平垂直にすると、描きやすくなります。




線を順に消していけば完成です。


一部分だけ色を変えたい、もしくはバルコニーが書きたい場合は、「作図」「二重線多角形」を使用します。
詳しくは「二重線多角形による、バルコニー・円形バルコニーの作図」をご覧ください。